topics

HOME > 特集 > 弊社社長が熱弁?サルヴァトーレソレンティーノの魅力!

弊社社長が熱弁?サルヴァトーレソレンティーノの魅力!

 

今回は弊社公式Twitter担当も務めさせて頂いております私もっぴー(以下「も」)が

弊社で一番のサルヴァトーレソレンティーノ愛好家である

代表取締役社長の川端洋司(以下「川」)に、当ブランドの魅力を聞いてみました。

内容盛り沢山、使用前後の画像も登場します!

 

 

も)本日は、かばん屋一筋で今年で勤続42年!鞄と革が大好き、鞄と革とランドセルのエキスパートである川端社長にサルヴァトーレソレンティーノの魅力を教えて頂きます!それではよろくお願いします!

川)はい、よろしくね。

も)それでは早速ですが、サルヴァトーレソレンティーノとの出会いから当社での販売開始までの経緯を教えて頂けますか?

川)まず僕がサルヴァトーレソレンティーノと出会ったのは、2016年夏。イタリアの大規模な革製品の展示会に出展されてるのを見て「おっ、これは良いな」と思ってね。

うちのホームページにも書いてあるんだけど、当時はまだブランド名が「art and job」という名前だった。そこの社長さんが「サルヴァトーレソレンティーノ」さん。サルバトーレが名前、ソレンティーノが苗字なんだ。ちょうど僕らが出会った直後にブランド名を「サルヴァトーレソレンティーノ」に変えたんだけどね。

その後試作品の製作などを繰り返して、約一年後ぐらいに当社に製品を入荷することが出来たんだ。

 

≪2016年夏、イタリアで開催された展示会にて。≫

 

も)なるほど、数ある出展者の中でもサルヴァトーレソレンティーノは一際目を引くというか、個性的な存在だったのでしょうか?

川)うん、このブランドの鞄というのはね、古来から皮革と共に暮らしてきたイタリアという国の、イタリア人の職人が、彼らのイタリア的センスで素材を選んで作り上げた物なんだけど、伝統製法で鞣(なめ)されたバケッタレザーや布帛(ふはく)の生地は勿論、パーツ類も全てイタリア製。イタリア人がイタリアの材料で作った、イタリアのエッセンスが詰まった鞄なんだよ。

生地の風合い、配色のセンス、異素材の組合せ方なんかがすごく面白くてね。バケッタレザーでこんなに鮮やかな色を選ぶなんて流石イタリア職人のセンスといったところだし、特にこのムラ染めキャンバスとバケッタレザーのコンビネーション、なかなか他でやってないよね!
大量生産ではなく一つ一つ丁寧に作られており、一つ一つ革の表情やキャンバスの染めムラが違う。職人の手仕事ならではの味が色濃く出ているところが良いよね。クラフトマンシップを感じるねぇ。

それにね、デザイナーで社長のサルバトーレ氏が常に誠実な人物だったのも大きいよ。こちらの些細な質問にも丁寧に答えてくれて、製品の仕様や梱包方法だけでなく事務手続きの面でも非常に親切に対応してくれた。
日本仕様って細かいからね。海外のメーカーに日本仕様に対応して貰う事ってお互い本当に大変なんだ。

 

≪ムラ染めキャンバスとバケッタレザーのコンビネーション≫

 

も)「顧客に心から満足して貰える良い物を送り出したい!」という職人の情熱を感じますね!実際にサルヴァトーレソレンティーノの工房まで行かれたんですよね。どうでしたか?

川)イタリアのティレニア海に面したサレルノという町にある小さな工房で、ごく少人数の熟練の職人さん達が丁寧に仕事をしているんだ。当然ミシンは使っているけど、ほぼ手作りの様なスタイルで職人さんが一つ一つ仕上げているよ。パーツの一つにしても職人が自分の目で見ながら手作業で裁断しているんだよ。

 


≪工房のある自然豊かな小さな町≫

≪工房から少し離れた所には美しい海辺も≫

 

川)特に革をとても大切に使用していてね、サルヴァトーレソレンティーノの工房では皮革の廃棄率がとても少ない。
皮革っていうのは自然の物なので、牛が生きていた頃の擦り傷やシワ・ほくろなんかもあるけど、鞄の大きいパーツを取る時は出来るだけそういう所は避けるよね。鞄に必要なパーツってやはり大きい物だから、傷等の無い綺麗な部分を広くとれる箇所はまず鞄用に使い、その次に財布を裁断する。財布だと狭い面積でも充分にパーツを裁断できるからね。

それでも余った小さい部分は、アクセサリー等に加工して現地でサルバトーレ氏が工房の近くに構えている小さなお店で、観光客や現地の人向けのお土産品として販売しているんだ。
サルバトーレの工房では、素材の廃棄率は限りなくゼロに近づけられる様に努力しているんだよ。

 


≪熟練の職人たちが1点1点丁寧に仕上げる≫

   

 

も)牛の数だけ形も傷の位置も違う牛革を、ほぼ捨てずにできるだけ使い切る…一朝一夕には身に付かない職人の技術と緻密な計算があってこそできる事ですね!そんな鞄や財布を実際に使ってみてどうでしたか?

川)今僕が使っているのは、オリーブグリーンの長財布に、ネイビーの小銭入れ・カードケース、ブラウンのフラップショルダーだよ。小銭入れはもう3年以上使ってるからね、色が非常に濃くなって、柔らかくてツヤも良い感じだ。これはだいぶ頑張って使い込んだよ!でも長財布はあまり変わってないなぁ…

も)えっ……??いやいやめちゃくちゃ良い感じじゃないですか!?すごいですよこれ!

川)そぉ? あっ、ほんまやわ。

 


≪使用前≫

≪使用後:革が柔らかくなり、光沢が出て色も濃くなっている。
     使用期間は、物によるが1~3年程度との事!≫

 


≪ショルダーバッグ 左:使用前 右:使用後≫

≪使用期間は約3年!≫

 

川)これ面白いんだよ。長財布の一番よく手で触るファスナーの引手の所の革だけ、良い感じに色が抜けてきてね、ちょっと黄色っぽくなっているのがわかるかな?ここだけ特に色が抜けているんだよ。一方でカードケースは普段長財布の中に入れっぱなしだからあまり色・ツヤは変わってない。

革製品って、同じ素材・形の製品を使っていても使う人によって全然違う表情に育つんだ。これぞバケッタレザーならではのエイジングの楽しみってやつかな。

 

≪画像左側が使用前、右側が使用後の写真。よく触る引手部分は色が抜けて黄色っぽくなっている。≫

 

も)面白い!こうして並べてみると本当に違いますね。ちなみにお財布は使い勝手としてはどうですか?一般的に、海外製のお財布は日本人にとっては使いにくいんじゃないかというイメージを持つ方も居るみたいですが…?

川)使い勝手については安心して貰って大丈夫!サルヴァトーレソレンティーノの祖国イタリアのユーロのお札って日本のお札よりも小さいんだけど、うちで取り扱ってるお財布は全て日本の紙幣に合わせて仕様変更しているからね。ユーロ札よりも一回り大きい日本の一万円札でもきちんと入るんだ。だから、お札が引っ掛かって出しにくいといった事はないよ。

カード入れは最初はちょっと入りにくいのかな?と思うかもしれないけど、こういう財布は使ってるうちに革が伸びてくるのでね、使い始めはちょっときついかな~ぐらいの寸法で設計しておかないと、使い込んで革が伸びてきたらスカスカになってしまうんだ。僕が使ってるのはこんな感じでカードの形に沿って革が伸びて絶妙に良い感じに馴染んでいるよ。

も)革のお財布のカード入れがキツいのってそういう事だったんですか!使い手に合わせて変化してくれる…革って本当に面白い素材ですね!
そういえば社長、小銭入れは別の物を使われてますが、この長財布にも小銭入れが付いていますよね?こちらは使っていないんですか?

川)僕は昔から小銭入れと長財布は別で持つ派でね、ここには鍵を入れているよ。貴重品入れとして重宝してる。

も)そんな使い方があったとは!私は鍵をキーホルダーにまとめて付けていますが、ジャラジャラ音が鳴るのがちょっと嫌だったんです。これだと音が鳴らないし、失くしにくいし、良いですね!

 

≪小銭入れは別で持つ派なので、ここには鍵を入れている≫

 

川)色んな使い方があるからね、鞄や財布の使い方って正解がなくて。うちのオリジナルブランド「丙午」のコンセプトにもある様に「持つ人がどう使ってくれるか」というのは僕らがとても楽しみに思う事でもあるよね。

も)ありがとうございます、サルヴァトーレソレンティーノの魅力を隅から隅まで味わった気分です!最後に社長、当ブランドの良さについてかっこよくまとめて下さい!

川)大量生産でコストパフォーマンスが高い鞄も勿論人々の生活には欠かせない物ですが、サルバトーレソレンティーノは敢えてその逆で、熟練の職人の手で一点一点丁寧に作られた温かみのある鞄。
ただの消耗品として使う為の鞄ではなく、革を育てる楽しみを味わう…革を育てる感覚で持って貰う鞄ですね。

一度はまると抜け出せない趣味かもしれませんよ。僕なんてもう新商品が出る度に何か買ってしまってこんなに増えて…家にもまだ他の型の鞄があるよ。困ったねぇ(笑)

も)うちは従業員は勿論、社長でもお金を払わないと鞄を買えませんからね!(笑)

お近くのお取り扱い店についてはお問合せフォームより気軽にお問い合わせ下さい。

商品のお取り扱いをご希望の小売店様もお気軽にお問合せ下さい。

 

お問合せはこちら✉

 

 

このページで紹介した商品

品番XS744C
フラップショルダー
(キャンバス)
商品価格 ¥17,000+税

品番XS3049L
RF長財布
バケッタレザー(本革)
商品価格 ¥18,000+税

品番XS1090L
カードケース
バケッタレザー(本革)
商品価格 ¥6,800+税

品番XS1037L
小銭入れ
バケッタレザー(本革)
商品価格 ¥2,900+税

その他の商品はこちら

最近の特集

pagetopへ

© FUJI CO.,LTD.